【話題】イグルーのウォータージャグが人気の理由とは!?

イグルー(igloo)ってなに?どんなブランド?

出典:イグルー

イグルー(igloo)というブランドをご存知でしょうか?知ってる人はよく知ってるブランドですね。

イグルー(igloo)とは、アメリカ発祥のウォータージャグやクーラーボックスのメーカーです。イグルーは人気が高く、アメリカでは1位のシェアを誇る巨大メーカーです。

イグルー(igloo)の設立は1947年とかなり歴史は古く、設立当初は金属製のウォータージャグを作っていました。

現在はクーラーボックスのイメージも強いですが、もともとはウォータージャグを作っていた会社なので、イグルーのウォータージャグは根強い人気があります。

この記事では、その根強い人気を誇る、イグルーのウォータージャグの人気の秘密に迫ります。

イグルーのウォータージャグが気になっていた方や、これからイグルーのウォータージャグを買おうか検討している方にはぜひご参考にしていただければと思います。

イグルーのウォータージャグ人気が高い3つの理由とは!?

出典:Amazon

イグルーのウォータージャグが人気の理由3つあります。それぞれ見ていただければ、人気の理由がよくわかるはずです。

他のウォータージャグを検討されている方はしっかり比較していただければと思います。

1.イグルーのウォータージャグは保冷力が高い!

イグルーのウォータージャグの人気が高い最大の理由は、保冷力が高いことです。

イグルーのウォータージャグには、ウルトラサーモと呼ばれる高密度ウレタンフォームが使われています。

イグルーの公式発表では「気温32度で3日間氷が溶けきらない」ほど高い保冷力があります。

実際には何度もフタを開閉するでしょうし、炎天下で使用することもあるので、3日間とはいかないかもしれません。

それでも、イグルーのウォータージャグは、ホームセンターで売っている無名のウォータージャグよりはるかに高い保冷力があることは間違いないです。

2.なんといってもイグルーはデザインがかわいい

イグルーのウォータージャグといえば赤のフタに黄色のボディが有名です。このデザインは1度見たら忘れないと思います。

それぐらい、日本のメーカーには無いデザインです。このアメリカ製らしいデザインが、一気にキャンプサイトの雰囲気を盛り上げてくれますね。

インスタ映えも狙えます笑

デザインは定番の「赤×黄」の組み合わせ以外にも、青やオレンジ、ステンレス製のものまで数種類あるので、後ほどご紹介します。

サイズラインアップが豊富

出典:Amazon

イグルーのウォータージャグはサイズラインナップが豊富です。自分の使い方や目的に合わせて選ぶことができるのも人気の理由です。

1番人気の定番カラー「赤×黄」のサイズラインナップはこちら

  • 2ガロン=7.6リットル
  • 3ガロン=11.3リットル
  • 5ガロン=18.9リットル
  • 10ガロン=37.8リットル

10ガロン=37.8リットルの大型サイズまであるのは、大人数のバーベキューやイベントなんかにはありがたいですね。


⇒Amazonで詳細を見る

イグルー・ウォータージャグの口コミ&レビューをチェック!

出典:Amazon

イグルーのウォータージャグは口コミの評価が高いです。Amazonの総合評価で☆4.2と高い評価を受けています。

イグルーのウォータージャグの購入を検討されている方は、しっかりチェックしておきましょう。

イグルーのウォータージャグのリアルな口コミ

イグルーのウォータージャグ8L購入者の口コミ

  • 一目ぼれして買いました!キャンプサイトでアクセントカラーとしてもいいですし、もちろん実用性も高いです。

イグルーのウォータージャグ12L購入者の口コミ

  • 口コミ通り保冷力が高いです。真夏でも丸一日冷たいお茶を飲むことができました。サイズ的にも8人(2家族)のバーベキューにはちょうどよかったです。
  • 大きさの割に軽いです。でも保冷力はしっかりしているので買ってよかったです。デザインも周りの評判が良くてびっくりしました。正直派手すぎかな?って思っていたので。キャンプ場に置くとしっくりきます。

イグルーのウォータージャグ19L購入者の口コミ

  • 町内の夏祭りのときに使いました。大容量なのが良かったです。防災用にもなるので、重宝します。
  • キャンプ用に購入しました。大容量なので洗い物をするときにストレスなく使うことができました。災害のときにも活躍しそうなので、使わないときは汚水ろ過装置と一緒に収納しています。

⇒Amazonで詳細を見る

イグルーのウォータージャグの口コミまとめ

イグルーのウォータージャグの口コミで一番多かったのは、「デザインがおしゃれ」というものでした。家族や友人からの評判がよくて大変満足されています。

次に多い口コミは「保冷力」についてです。ほとんどの方がイグルーのウォータージャグの高い保冷力に驚いているようです。

ただ、外気温や氷の量、直射日光など環境の違いによっては高い保冷力を実感できなかったという口コミもありました。

印象的だった口コミは「災害用にも使える」というものです。災害時の水瓶としての役割を期待している人がかなり多いようです。浄水をつくる濾過装置と一緒に保管している方もいるほどです。

イグルーのウォータージャグはアウトドアにも非常時にも役立つようですね!

イグルーおすすめ改造!蛇口を交換してみよう!


イグルーのウォータージャグの唯一の弱点ともいえるのが蛇口がプッシュ式だということです。

蛇口がプッシュ式だと押している間は水が出ますが、離すと止まってしまいます。つまり出しっぱなしにできないんですね。それはそれで良いところでもあるんですが、手を洗いたいときや、洗い物をしたいときなどには少し不便です。

しかし、実はこの弱点、イグルーのウォータージャグのプッシュ式蛇口をレバー式の蛇口に交換することで、解決する事ができます。

イグルーウォータージャグの蛇口交換方法

イグルーウォータージャグの弱点である蛇口の交換方法を説明したいと思います。

アウトドア用品の改造となると身構える方もいらっしゃるかと思いますが、この蛇口の改造は手順も少なく簡単なので、改造未経験者も試してみる価値はあります。

イグルーウォータージャグの蛇口交換手順

  1. 元からついている蛇口を内側からはずす
  2. 焼酎サーバー用の蛇口(コック)を取り付ける

蛇口交換の手順はこれだけです。

元からついている蛇口は内側のナットを回せば簡単に外せます。

焼酎サーバー用の蛇口(ナット)は、Amazonで「イグルーウォータージャグ」のページを見ると、「一緒に購入されている商品」に出てきているはずです。

イグルーウォータージャグを改造する人の多くが、この「焼酎サーバー用コック(蛇口)」を購入されています。

初めから改造するつもりなら、「焼酎サーバー用コック(蛇口)」も一緒に買ってしまえば送料無料になるのでおすすめです。

イグルーウォータージャグを改造できれば、一気に便利になるので一度挑戦してみましょう。

⇒Amazonで詳細を見る

iglooウォータージャグはどのサイズを買えば正解?

出典:Amazon

イグルーのウォータージャグを買うときに困るのがサイズです。定番の赤×黄の400Sだけでもこれだけのサイズラインナップがあります。

  • 2ガロン=7.6リットル
  • 3ガロン=11.3リットル
  • 5ガロン=18.9リットル
  • 10ガロン=37.8リットル

ここでは、使い方や使う人数によってどのサイズを買うのが正解なのか考えたいと思います。

それではウォータージャグの使い方の面から最適のサイズを考えてみましょう。

そもそもウォータージャグの使い道は主にこの3つです。

  1. 飲料用・料理用
  2. 手洗いや食器洗い
  3. 災害用

ざっくりとこんな感じ。

1、飲料用のサイズ選び

使用人数 イグルーウォータージャグのサイズ
1人~4人 2ガロン=7.6リットル
5人~6人 3ガロン=11.3リットル
7人~10人 5ガロン=18.9リットル
11人~ 10ガロン=37.8リットル

飲料用だと夏は1人2リットル計算です。子供は遊んで汗をかきますし、大人は料理やテントの準備に汗をかきます。

さらに料理に使ったりちょっと手を洗ったりするときにも使うことを考えると、1人2人リットルあると安心です。

キャンプで1泊2日の場合は、4人で3ガロン=11.3リットルのサイズは欲しいです。

2、 手洗いや食器洗い用のサイズ選び

使用人数 イグルーウォータージャグのサイズ
1人~2人 3ガロン=11.3リットル
3人~6人 5ガロン=18.9リットル
7人~ 10ガロン=37.8リットル

水場がかなり遠いキャンプ場のときは、手を洗ったり、食器を洗うのにいちいち水場まで行くのがめんどくさいです。

そんなときには大容量のウォータージャグが活躍します。

飲料用と違って水を出しっぱなしにすることもあるので、かなりの勢いで水が減ります。大きいサイズのウォータージャグがあるとかなり便利です。それだけで後片付けがかなりスムーズに進みます。

3、 災害用のサイズ選び

使用人数 イグルーウォータージャグのサイズ
1人~2人 2ガロン=7.6リットル
3人~4人 3ガロン=11.3リットル
5人~6人 5ガロン=18.9リットル
7人~12人 10ガロン=37.8リットル

災害時の1日に確保すべき水の量は1人当たり約3リットルと言われています。

災害にあったときのために常時飲料水はストックしておくべきですが、そのストックが尽きれば給水所で水をもらうときがあるはずです。

そんなときに大容量のウォータージャグがあれば便利です。同時にろ過装置(携帯浄水器)もあると雨水や川の水をろ過して、飲料水にできるので、「ウォータージャグ+濾過装置」の組み合わせで収納しておくといざというとき役立つはずです。

イグルーのウォータージャグのサイズ選び<まとめ>

使い方や人数によって必要なサイズは大きく異なります。4人家族の飲料用であれば小さめの2ガロン=8リットルサイズでいいかもしれません。

しかし、同じ4人家族でも万が一の災害用に備えようと思うと、最低でも3ガロン=12リットルサイズが必要になります。

どの使い方に照準を合わせるか次第ですが、災害用のサイズ選びをしておけば、あとで後悔することが少ないはずなので、私はおすすめしています。

⇒Amazonで詳細を見る

ステンレスタイプのイグルー・ウォータージャグも人気!

イグルーのウォータージャグはプラスチック製のものが有名ですが、実はステンレス製のものあります。

その名もイグルー「ステンレスジャグ レガシー」です。なんだかラグジュアリー感があります。

内容量は2.5ガロン=9.5リットルなので、使いやすいサイズですね。

素材やデザインは、イグルーの定番カラーと比べるとガラッとイメージが変わりますね。

イグルーのステンレスウォータージャグは保冷力もさることながらデザインが秀逸なので、価格は高いですが、こだわりのある方には人気です。

また、イグルーのステンレスウォータージャグを持っている人は、まだかなり少ないので、周りと同じものが嫌という方にもおすすめです。

イグルー「ステンレスジャグ レガシー」のスペック

  • サイズ:W31×D31×H56cm
  • 重さ:4.3kg
  • 素材:ステンレス、ポリプロピレン
  • 内容量:9.5L

⇒  楽天で詳細を見る 

イグルー「ステンレスジャグ レガシー」の口コミ

出典:楽天

  • イグルー「ステンレスジャグ レガシー」購入者の口コミ
    とってもおしゃれです。もともとジャグスタンドが付いているのがいいですね。スタンドは上下の向きを変えることで高さも若干調節できます。ただ、スタンドは折り畳みができないのがもったいない。
  • 保冷力が高いです。ブロック氷を入れて12時間後でもしっかり冷えていました。直射日光も当たっていましたが、ステンレス製だからか保冷力全然問題ありませんでした。
    あとはなんといってもデザインがすばらしい!周りの評判はかなりよかったです!
  • 日帰りキャンプで使いました。キャンプサイトが水場から遠かったのでウォータージャグがほんとに便利でした。流水の勢いもあるので、手洗いも食器洗いにも使いやすかったです。

⇒  楽天で詳細を見る 

あわせて買いたいウォータージャグ用スタンド

出典:Amazon

ウォータージャグ用のスタンドは実はないと不便だったりします。まず地面の直接置くと衛生的にもよくありませんし、地面の熱の影響を受けるので、保冷力が落ちてしまいます。

そして、なによりもウォータージャグは高い位置にないと、めちゃくちゃ使いづらいです。飲料用なら最低でもコップ1個分以上は地面から高くないとコップに水を入れられません。

手を洗うときもウォータージャグが少し高い位置にないと手が地面についてしまいます。

かといってウォータージャグは大きさ的にも重さ的にもアウトドアテーブルに置くのは難しいです。

そう考えると結局、ウォータージャグ用のスタンドを使うのが一番便利で安定します。

イグルーのウォータージャグ用のスタンドを自作する人も多いですが、スタンドだけでもAmazonを探すといくつか良さそうなのを発見できたのでご紹介します。

イグルーのウォータージャグと一緒に買えば、送料も無料なので合わせて検討されるとよいと思います。


キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ウォータージャグ用台


North Eagle(ノースイーグル) スタンド 2 WAYマルチスタンド 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする