GZ-203の気になるレビューはウソかもしれない!?

ジェントスGZ-203のレビュー評価が高いワケとは!?

ジェントスGZ-203のレビューの評価が高い理由をまとめました。主な理由は以下の5つです。

  1. GZ-203とても明るい500ルーメン
  2. 360度自由自在の可動域
  3. バッテリー稼働時間が長い
  4. マグネットとフックでどこでも設置可能
  5. トップライトで狭いところも見やすく照らす

GZ-203とても明るい500ルーメン

ジェントスGZ-203の明るさは500ルーメンあり、非常に明るいです。レビューを見ても最も評価されるのはジェントスGZ-203の明るさです。

しかも、ただ明るいだけではありません。

とても作業がしやすくなる明るさなのです。

どういうことかというと、ジェントスGZ-203はCOB LED(チップオンボードLED)という光源を採用しているので、通常の多灯式と違って、多重影ができづらいのです。

普通いろんな角度から物体を照らすと、影がいろんな方向にできますよね?

でも、このCOB式だと、LEDチップを多数埋め込まれており、「面」で光を当てることができ、多重影ができにくいのです。

手元で細かい作業をするときには、多重影ができるのと、できないのでは、作業のしやすさが全然ちがいます。この多重影ができにくいこともレビュー評価が高い理由となっています。

>>GZ-203の明るさに関するレビューを見る

360度自由自在の可動域

GZ-203は可動域が360°あり、どんな角度にでも照らすことができます。GZ-203はアーム部分にヒンジ(蝶番「ちょうつがい」)が2つ付いている特徴的な構造をしているので、このように360°という圧倒的な可動域を実現しています。

バッテリー稼働時間が長い

GZ-203はバッテリーの稼働時間が長いことも高い評価を得ています。

▼GZ-203のバッテリーに関するスペック▼

  • リチウムイオン充電池 3.7V 3,350mAh内蔵):
  • 15時間(トップライト)/ 8時間(Ecoモード)/ 3時間(Highモード)
  • 電池寿命:充放電 約500回

一番明るいhighモードでも3時間の点灯時間があります。3時間の点灯時間は珍しくありませんが、500ルーメンクラスのLEDワークライトのカテゴリーの中ではトップクラスのバッテリーの容量です。

電池寿命が500回の繰り返し利用を想定しているのもあり、レビュー評価も高くなっているようです。

また、Ecoモードなら8時間の点灯時間があるので、緊急時はecoモードにして長時間使用することもできるので安心です。

>>GZ-203のバッテリーに関するレビューを見る

マグネットとフックでどこでも設置可能

GZ-203の便利ポイントは細かいところにもちゃんとあります。

まず、ボディの底には強力なマグネットが埋め込まれています。

スチール製のキャビネットやラックなどにガチッとくっつくので、工場、倉庫、ガレージなどで使用するときはとても便利です。

マグネットはとても強力で、地面と平行にスチールラックに取り付けても安定します。

また、ボディの底にはフックが収納されており、マグネットが付かないところでも、引っ掛けることさえできれば、GZ-203を逆さ吊りにして使用する事ができます。

ジェントスGZ-203は使い道、使えるシチュエーションがほんとに多いです。だからレビューが高評価なんですね。

トップライトで狭いところも見やすく照らす

ジェントスGZ-203はアームの先端にもLEDライトが付いています。これによって、狭いところに先端部分だけ差し込んでピンポイントで照らすことができます。

このトップライトはGANZガンツシリーズの特徴でもあり、人気のポイントです。

トップライトはピンポイントで対象を照らしてくれるので、照り返しが少なく、見やすいとのレビューもありました。

>>GZ-203全般のレビューを確認する

GZ-203ガンツ薄型ワークライトの口コミ

これまでジェントスGZ-203のレビューをたくさんご紹介しましたが、実際の使用者の口コミをありのままご紹介するので、リアルな感想として、購入の際の参考にしてみてはいかがでしょうか?

自動車整備士の方の口コミ

買って一か月ほど経ちます。まずメインであるライトは明るく広範囲で明るさ二段階。狭いところを通して照らすライトも十分な明るさ。マグネットもフックも付いて固定位置もかなり自由。加えて首振りが広角度なのでライトを手放し対象を照らせる場面は多岐に及びます。充電式で継ぎ足しOK。このサイズより2/3ほど小さいタイプも使ったことがあるが、発光部に長さがある方が照射方向に影を作りにくいのでこの大きいタイプの方がよく見えます。あと、ボタン長押しで四段階のバッテリー残量がわかるのは作業中バッテリー切れのリスク回避に役立ちます。

使用者の口コミ

ライト部が細く狭いところも照らせてます。メインのライトはとても明るく向きも自由になりとても便利。バッテリー残量も確認できるので良いです

使用者の口コミ

とてもイイです。明るさが三段階に調節出来てMAXはとても明るいです。中間は、もう少しだけ暗くてもいいのかな?と思います。最弱で十分 夜の犬の散歩に使えます最弱だと忘れそうになるくらいバッテリーの持ちがイイのもいいですね。

使用者の口コミ

LEDの部分を折りたたんで 収納できるので とても便利です。ペットボトル500ml 用の保冷ケースに充電器と共に収納して 携帯しています。

現場仕事の方の口コミ

仕事の作業用として購入。十分に明るく、前後180°曲げられるので作業性、収納性に優れます。バッテリーが交換できないので劣化したら買い直しになるのが問題といえば問題ですが、従来の作業用照明の価格と比べれば問題とならないほど安価です。

ジェントスGZ-203の口コミまとめ

ジェントスGZ-203の口コミで意外と多かったのは、とてもコンパクトで収納性が高いという口コミでした。

携帯性が高いので、キャンプなどアウトドアにも持ち出されることが多いようです。

他には可動域の広さやバッテリー性能を高う評価する口コミが多かったです。

>>ジェントスGZ-203の口コミの続きを見る

ジェントスGZ-203とマキタのLEDワークライトML801を比較!

ジェントスGZ-203とよく比較されるのがマキタのLEDワークライトML801です。この商品もジェントスGZ-203に負けないぐらい人気の商品です。

だからといって、あなたにとっていい商品かどうかは別です。

実は、似ているようで特徴が異なります。あなたの使い方や、必要な機能によっては、この2つの商品をしっかり比較してから買わないと、後で後悔するかもしれません。

ジェントスGZ-203とマキタML801を徹底比較!

※マキタML801の使用バッテリーは14.4V/3.0Ah BL1430

ジェントスGZ-203 マキタML801
明るさ(最大) 500ルーメン 240ルーメン
明るさ(中間) 120ルーメン
バッテリー稼働時間

(一番明るいモード)

3時間 7時間
重さ(バッテリー込) 292g 360g
大きさ 約幅38.6×奥行50×高さ336mm 約幅116×奥行79×高さ380mm
充電方法 専用ケーブル USBケーブル
稼働域 360度 180度
その他機能 フック

マグネット

フック
耐衝撃 2メートル
LED COB(チップオンボード) 多灯式
価格(バッテリー込み) 4,800~6,900円

>>現在の価格はこちら

8,000~9,500円

>>現在の価格はこちら

>>比較の詳細はこちら

ジェントスGZ-203とマキタML801の比較結果①明るさ

まず、明るさについては圧倒的にジェントスGZ-203が明るいです。最大31メートルの照射距離があるので、ジェントスGZ-203は遠くも照らしたいときにはとても役立ちます。

夜間の屋外で使用されるときには、ジェントスGZ-203がいいと思います。現場仕事やキャンプなど、屋外使用に向いています。

マキタML801は屋内で照らす範囲が限られているときや、近くのものをよく見えるようにしたいときにはこちらで十分でしょう。ガレージで車の整備をするときなどに向いています。

ジェントスGZ-203とマキタML801の比較結果②バッテリー稼働時間

バッテリー稼働時間についてはマキタのML801が7時間とジェントスGZ-203を大きく上回っています。

もちろん、バッテリーの連続点灯時間は明るさに反比例するので、500ルーメンと非常に明るいジェントスGZ-203のほうが点灯時間は短くなります。

こればかりは仕方ないですね。ジェントスGZ-203のバッテリーの性能が悪い訳では全くなく、単に明るさを求めた結果です。

ただ、ジェントスGZ-203のecoモードは8時間の連続点灯が可能なので、とにかく明るい方がいいという人も、長時間使いたいという人も、ジェントスGZ-203があればどちらのニーズにもマッチします。

長時間使用に限定した使い方をされる方にはマキタML801がおすすめします。

>> ジェントスGZ-203をAmazonで見る

ジェントスGZ-203とマキタML801の比較結果③その他

明るさとバッテリー以外にも細かな違いはいくつもあるので、比較結果を簡単にご紹介します。

  • マキタML801にはマグネットがない
  • マキタML801はバッテリー別売り
  • マキタML801はバッテリーの容量を選ぶことができる
  • ジェントスGZ-203の方が軽くてコンパクト
  • ジェントスGZ-203は充電するのに専用コードが必要
  • ジェントスGZ-203のほうがまだおしゃれ(マキタはキャンプやアウトドアには少し不向きなデザインかと思います。)

このように、細か違いがいくつものありますが、ワークライトの用途が幅広いならジェントスGZ-203を使っておけばまず、間違いはないと思います。

>>ジェントスGZ-203のスペック詳細はこちら

GentosジェントスGZ-203ガンツGANZの最安値はココ!

ジェントスGZ-203は決して安い商品ではありませんよね?安心のジェントスGentos製品なので、多少お値段が高めなのは仕方がないとしても、できるだけ格安で手に入れたいところです。

ネットショップで最安値を探したところ、驚きの発見がありました。

専門的な商品だからなのか、最安値と最高値の差額が2,000円以上ありました。

これは、大きな差です。

実店舗でも取扱いはありますが、そんなに数が売れる商品では無いので、実店舗でセール商品になるのは期待できないでしょう。

とにかく激安でジェントスGZ-203を購入したいのなら、ネットショップで購入することをおすすめします。


>>ジェントスGZ-203の現在の最安値はこちら

Amazonで購入すれば、送料無料で迅速に配送してくれるので、私はたいていAmazonを利用していますね。

例え、最安値でも、送料がかかったり、クレジットカードが使えず、振込が必要になったりするネットショップもあるので注意が必要です。

何度もいいますが、Amazon価格は常に最安値付近で購入できます。そのうえ送料無料です。もちろんクレジットカードも使えますし、Amazonのクレジットカードを使えばさらにポイント還元され、激安で購入することもできます。

>>Amazonで最安値を確認する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする