コールマンのタフスクリーンとラウンドスクリーンの違いとは!?

コールマンのタフスクリーンとラウンドスクリーンの違いは3つ

コールマンの2大人気テントと言えば、タフスクリーン2ルームラウンドスクリーン2ルームです。

この2つはどちらも人気が高いです。それゆえにどちらを使おうか迷う方も多いと思います。

そこで、コールマンのタフスクリーン2ルームとラウンドスクリーン2ルームの違いを分かりやすくまとめました。

もし、どちらかの購入を検討されているならご参考にしていただければと思います。

タフスクリーンとラウンドスクリーンの違い<重さ・素材>

コールマンのタフスクリーン2ルームとラウンドスクリーン2ルームの違いとして、まず注目したいのが、重量です。

ラウンドスクリーン2ルームハウスが約20kgなのに対して、タフスクリーン2ルームハウスは約16kgと4kgも軽いのです。実際にキャンプサイトでの持ち運びや組み立てを考えるとこの4kgの差は大きいです。

次に注目したい2つのテントの違いは素材です。

どちらのテントも生地は防水加工されたポリエステルですが、ポールの素材は違います。

ラウンドスクリーン2ルームハウスはスチール製、タフスクリーン2ルームハウスはアルミ合金製です。 アルミ合金の方が軽くて、熱による曲がりもなく丈夫です。

素材に違いがあるからこそ、重量もコールマンタフスクリーン2ルームの方が軽いということです。

大きな違いはベンチレーション(換気・空気循環)

コールマンのタフスクリーン2ルームとラウンドスクリーン2ルームは形はよく似ていますが、ベンチレーション(換気システム)が違います。

ベンチレーションは、蒸し暑い夏にはとても重要です。空気の循環がうまくいけば夏でも快適に過ごすことができます。

ラウンドスクリーン2ルームがトップベンチレーションなのに対して、タフスクリーン2ルームはトップベンチレーション+アンダーベンチレーションです。

トップベンチレーション

【アンダーベンチレーション】

ラウンドスクリーン2ルームは「暖かい空気は上昇する」という性質を活かして、テント下部から空気を取り込み、テント内の暖かい空気をテント上部から排気する仕組みになっています。

ラウンドスクリーン2ルームはこのベンチレーションで蒸し暑い夏の対策が可能となっており、これは大きな違いです。

気になる価格の違いは!?

一番気になる違いが価格の違いです。

Amazonで見てみると実はそれほどの違いはありません。

  • コールマン・タフスクリーン2ルームハウス
    38,756円(2018年5月時点)

⇒Amazonで詳細を見る

 ⇒  楽天で詳細を見る 

  • コールマン・ラウンドスクリーン2ルームハウス
    34,311円(2018年5月時点)

⇒Amazonで詳細を見る

 ⇒  楽天で詳細を見る 

現在およそ4,500円の違いがあります。

これが大きい違いと見るかは人によりますが、それぞれのスペックを比較してよく考えてみましょう。

【徹底比較】タフスクリーンとラウンドスクリーンの仕様

タフスクリーン2ルームとラウンドスクリーン2ルームのサイズや重さ、素材、付属品などそれぞれの仕様の違いを確認しましょう。

細かい違いを知れば、価格の違いにも納得できるでしょう。

タフスクリーン2ルーム ラウンドスクリーン2ルーム
耐水圧 約2,000mm(フロア:約2,000mm) 約2,000mm(フロア:約2,000mm)
定員 4~5人用 4~5人用
インナーサイズ 約320×230×170(h)cm 約320×230×170(h)cm
収納時サイズ 約ø30×74cm 約ø28×82cm
重量 約16kg 約20kg
材質(フライ) 75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水、シームシール) 75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水、シームシール)
材質(インナー) 68Dポリエステルタフタ(撥水加工) 68Dポリエステルタフタ(撥水加工)
材質(フロア) 210Dポリエステルオックスフォード(PU防水、シームシール) 210Dポリエステルオックス(PU防水、シームシール)
材質(ポール) アルミ合金(キャノピー/スチール) スチール
仕様 前室、キャノピー、メッシュドア、ベンチレーション、メッシュポケット、コード引き出し口、ストームガード キャノピー、前室、メッシュドア×2、ストームガード、ベンチレーション、メッ

シュポケット

付属品 キャノピーポール×2、ペグ、ロープ、ハンマー、収納ケース キャノピ-ポール、ペグ、ロープ、ハンマー、キャリーバッグ

タフスクリーン2ルームの詳細を確認

⇒Amazonで詳細を見る

 ⇒  楽天で詳細を見る 

ラウンドスクリーン2ルームの詳細を確認

⇒Amazonで詳細を見る

 ⇒  楽天で詳細を見る 

結局どっちが買い!?タフスクリーンとラウンドスクリーン

コールマンのタフスクリーン2ルームとラウンドスクリーン2ルームは結局どちらが買いなのでしょうか?

まず、タフスクリーン2ルームの良いところを再確認しましょう。

  • 一人でも設営できる
  • 寝室サイズは4人でも広々
  • 耐水性が高く雨がしみこまない
  • メッシュなので虫の侵入が少ない
  • 空気が循環して夏でも快適

次にラウンドスクリーン2ルームの良いところを確認しましょう。

  • 寝室サイズは4人でも広々
  • 耐水性が高く雨がしみこまない
  • メッシュなので虫の侵入が少ない
  • 型落ちなので価格が安い

タフスクリーン2ルームとの大きな違いは、空気の循環(換気)と設営です。

特に大きな違いは、ラウンドスクリーン2ルームハウスは2人で設営することを想定して作られています。

それに対してタフスクリーン2ルームは1人での設営を想定しています。

この設営のしやすさなら、多少価格が高くてもいいかな?って思うのですがどうでしょう?

ちなみに、コールマン・タフスクリーン2ルームの設営方法がこちらの動画です。

簡単そうでしょう?

この使い勝手ならかなりコスパに優れていると思います。

なので、基本的にはタフスクリーン2ルームをおすすめしますが、とにかく価格が安いものを選びたいということであれば、ラウンドスクリーン2ルームを選ぶとよいと思います。

>>タフスクリーン2ルームの現在の価格はこちら

>>ラウンドスクリーン2ルームの現在の価格はこちら

コールマンのタフスクリーン2ルームハウスの口コミ・評価

コールマンのタフスクリーン2ルームハウスを実際に使用している人の口コミをチェックしてみましょう。

意外な感想・口コミがたくさんありました。

タフスクリーン2ルームハウス購入者の口コミ

  • 雨でも濡れないのがすごいです!それに大きいのでキャンプも存分に楽しめます。軽くはないですが、それでもラウンドスクリーン2ルームよりはましなので、ヨシとします。

タフスクリーン2ルームハウス購入者の口コミ

  • 設営がカンタンです。妻と2人で設営しましたが、次回からは1人でもできそうです。撤収作業は1人でできました。

タフスクリーン2ルームハウス購入者の口コミ

  • フライシートが大きいので濡れたときどうやって乾かそうか今から悩んでます。難しそう。。。でもこの居住性の高さを知ってしまったら他のテントには戻れないです。

タフスクリーン2ルームハウス購入者の口コミ

  • やはり2ルームはいいですね!リビングがあるので、いちいちタープ張ることもないですし、寝室との行き来も楽ちんです。就寝時にリビングに大きな荷物を置いておけるのも、すごく便利でした。

タフスクリーン2ルームハウス購入者の口コミ

  • 1人で設営しました。風がなかったのもあって意外に楽にできました。だいたい30分程度です。ただ、付属のハンマーはちょっと心もとない作りなので、ちょっと大きめのハンマーを別に用意するといいかもです。
    風が強いと組み立ても、撤収も1人では難しいかもしれません。

どうでしょうか?評価の高い口コミが多いですね。Amazonの総合評価で☆4.1あるので、基本的にはいい評価が多いです。

気になるのは、設営ですね。やはりドーム型は大きいので、設営が簡単にできるように設計されていても、風が強いとなんともならないようです。

なので、大人1人で他は全員子供という状況ではちょっと困るかもしれません。

それでも、コールマンのタフスクリーン2ルームの「大きさ」を評価し、満足している方の方が多いように思います。

タフスクリーン2ルームで広々と快適なキャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか?

⇒Amazonで詳細を見る

 ⇒  楽天で詳細を見る 

唯一の弱点【ランタンフックがない】を解決したい!

タフスクリーン2ルームの口コミにもありましたが、「ランタンをかけるフックがない」というのが、唯一の弱点となっています。

寝室の入り口上部には一つ掛けられるところがありますが、あまりいい場所ではありません。

意外に良い場所がトップベンチレーションを束ねている紐です。そこに引っ掛ければ、高さ的にも、場所的にも邪魔にならないし、眩しすぎることもありません。

この「ランタンフックがない」という問題を根本的に解決するなら、自作するしかありません。

例えば、強力な磁石をテントの外側に張り付け、内側ではフック付きの強力磁石でくっつけます。

そうすると、着脱可能なランタンフックを作ることができます。

テントが傷むといけないので、あくまでも軽めのLEDランタンに限りますが、簡単で費用も安くできるのでおすすめです。

【ランキング上位の人気LEDランタン】

>>Amazonで詳細を確認する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする