ミレー クーラ40のレビューがひどい!?LCC機内持ち込みできない?

ミレー クーラ40ってどんなバックパック?


ミレーはフランス発祥の本格アウトドアブランドです。多くの登山家たちが愛用する高品質のアウトドアギアが長年支持を集めています。

そんなミレーがアウトドアとタウンユースの両立を目的に作ったバックパックが「KULA(クーラ)シリーズ」です。

ここでは、特に本格的な登山や海外旅行に人気のあるクーラ40について解説していきます。

耐久性・撥水性が抜群!登山に最適

軽くて耐久性のある「コーデュラナイロン」を500デニールの厚みで採用しているので、登山で木々や岩に引っかかっても簡単には破れません。

表面には撥水加工を施しているため、雨を弾きます。小雨程度ならわざわざレインカバーをかぶせる必要もありません。

背負い心地抜群!海外旅行で活躍!

クーラシリーズの中でもクーラ40だけに背面にアルミフレームが挿入されており、大きな荷物でも安定して背負うことができます。

また、ショルダーハーネスはクッション性が高く、重さを分散してくれるので肩への負担が小さくなります。

ウエストベルト(取り外し可)を締めればさらに肩への負担が減り、荷物が軽く感じます。

海外旅行では歩く時間が多くなるので、背負い心地はとても大切。

ポケットの配置がいい!出し入れ簡単

クーラ40は他のクーラ20・クーラ30と違ってメイン収納を上下に仕切ることができる2気室構造。

下部の収納は上からではなく、外側から直接荷物が取り出せるようにファスナーが付いているので、荷物の取り出しがかなりスムーズです。

また、伸縮性のあるサイドポケットにはトレッキングポールや水筒を入れるだけでなく、海外旅行では三脚や折りたたみ傘を入れるスペースとしても活用可能。

フロントポケットはタウンユースにうれしい小物スペース。

スマホやポケットWi-Fi、パスポート、手帳など小物を入れるのに便利。メッシュポケットもあるので、中身がすぐに確認できます。

小物ポケットが便利すぎる

クーラ40とクーラ30にだけ上部に小物ポケットが付いており、使用頻度の高いスマホや財布を入れておくと取り出しのわずらわしさが無くなります。(長財布も入るサイズです。)

また、フロントの一番外側には広くて薄いジッパーポケットが付いており、地図やパンフレット、パスポートのコピー、eチケットなど薄くて大きいものを入れるのに重宝します。

鍵を付けられる防犯対策

メイン収納のファスナーには鍵(ワイヤー錠や南京錠など)を付けられるようになっています。

海外では電車などで知らぬ間にファスナーを開けられ、スリに合うこともあるので安心。

※ ナイフでカバンを切り裂かれることもあるので、鍵があっても100%安心とは言えませんのでご注意を。

レインカバー装備なので雨でも安心

登山とタウンユースの両立を目指しただけあって、雨対策も万全。

リュックの最下部にレインカバーが収納されており、簡単に装着することができます。

レインカバーとリュックは下部が繋がっているので、強風でレインカバーだけが飛んでいってしまうようなこともありません。

ミレー クーラ40まとめ

ミレーのクーラ40は本格的な登山にも耐えうる収納力と機能性を備えているので、登山メインの方にも十分満足できるバックパックだと思います。

ただ、ミレーのクーラ40がすごいのは海外旅行などのタウンユースでも使いやすいようポケットの配置や機能が考えられていること。

ミレーのクーラ40はタウンユースしやすいシンプルでかっこいいデザインなので、アウトドアも旅行も楽しみたい方にはピッタリのバックパックだと思います。

人気カラーはすでに品切れも!

ミレーのクーラ40は人気が高く、ミレーの公式オンラインストアではすでに品切れになっているカラーがあります。

まだ、Amazonや楽天では在庫があるようですが、こちらもいつ在庫がなくなってもおかしくないと思います。

登山や海外旅行を計画されているなら、早めに販売ページをチェックしておいたほうがいいかもしれません。

  • 商品名:ミレー(Millet)クーラ40
  • 容量:40L 
  • サイズ:縦58x横30xマチ19(cm)
  • 重さ:1340g
  • 素材:コーデュラナイロン
  • カラー:オリーブ/ブラック/グレー/ベージュ

ミレー クーラ40は評判悪い?レビューを調べてみた!

ミレー クーラ40の評判を調べてみました。ほとんどのレビューがクーラ40を高く評価するものですが、中には批判的なものもありましたので包み隠さずご紹介します。

ぜひ、参考にしてみてください。

ミレー クーラ40の良いレビュー

男性口コミ・評判

ファスナー1つでメイン収納を1部屋にも2部屋にもできるのが画期的。40リットルもあると底の方が取り出しにくくなると思っていましたが、これなら底の方でも簡単にアクセスできます。


男性口コミ・評判

大学で部活をしているのですが、遠征・合宿に行くときには重宝します。ノートパソコンを入れるスリーブもありますし、深いポケットに雑誌なども入れられます。登山リュックですが、デザインは登山リュックっぽくないので、大学でも使いやすいです。


男性口コミ・評判

背面のアルミフレームにより身体にフィットします。背負いやすく、蒸れにくい構造なので、登山も旅行も快適です。


男性口コミ・評判

オールマイティなリュック。レインカバー内蔵なのがうれしい。デザインもタウンユースできる感じ。ポケットも多く旅行に便利そうなのもいい!


男性口コミ・評判

ジムに行くために買いました。着替え、シューズ、タオルなど基本的なものは余裕で入ります。iPadやスマホなども入れやすいポケットがあるのも便利。サイドポケットには700mmのボトルを入れています。たぶん1リットルぐらいでも細ければ入ります。


男性口コミ・評判

1週間のベトナム旅行に使いました。容量もちょうどよく、ポケットが多いのも使いやすかったです。他のリュックよりも疲れにくいし、肩も楽です。

ミレー クーラ40の悪いレビュー

男性口コミ・評判

電車に乗ったとき膝の上に抱えるとアルミフレームが邪魔します。


男性口コミ・評判

PC用のポケットはあるがクッションがないのはおしい。たしかに頑丈なアルミフレームに守られてはいますが、ちょっと気になります。


男性口コミ・評判

メイン収納がフルオープンにならないので、ちゃんとどこに何を入れたか覚えてないと手探りで荷物を見つけることになります。


男性口コミ・評判

メインファスナーには鍵が付けられますが、メインを2室に分けたときの下部のファスナーには鍵が付けられない。これでは意味がないのでは?

ミレー クーラ40のレビュー・評判まとめ

ミレーのクーラ40は登山・海外旅行・ジム通い・部活の遠征など様々なシーンで活躍している様子。

登山リュックらしからぬシンプルなデザインが幅広い使い方を可能にしているみたいです。

登山でも旅行でも使いやすいように工夫がされているので、どの用途で使っている方も満足度は高いです。

ただし、一部には不満もあるようで、旅行用に買ったユーザーはメイン収納がフルオープンにならないことが弱点だとレビューしています。メインが2室に分けられる構造なので仕方がないですが、これは良し悪しですね。

ともあれ、Amazonでの評価は☆4.5とほぼ満点評価を受けています。

ミレーのクーラ40があれば、アウトドアでもタウンユースでも背負っている人のストレスを減らし、快適な時間を過ごせるようになるはずです。

  • 商品名:ミレー(Millet)クーラ40
  • 容量:40L 
  • サイズ:縦58x横30xマチ19(cm)
  • 重さ:1340g
  • 素材:コーデュラナイロン
  • カラー:オリーブ/ブラック/グレー/ベージュ
※ブラックの在庫が残り少ないので早めにチェックしたほうがいいかもしれません

ミレー クーラ40はLCCの機内持ち込みOK?

ミレーのクーラ40を持って海外旅行に行こうと計画している方がおられるかもしれませんが、そのときに気を付けたいのが、飛行機の機内持ち込みサイズです。

飛行機は機内持ち込みできる荷物のサイズが決まっており、規定サイズを超えると荷物を預けないといけません。

一般の航空会社なら荷物を預けるのは無料ですが、LCC(格安航空)は有料。

LCCの規定サイズを超えるバックパックを持って行って、思わぬ追加料金を払わなくて済むよう事前にしっかり調べていきましょう。

各LCCの機内持ち込みサイズ一覧

出典:トラベラーズストア

これに対して、ミレー クーラ40のサイズは
H58× W30×D19cm

そう。実はクーラ40はLCCの機内持ち込みの規定サイズを超えているのです。

じゃあクーラ40はLCCには手荷物として持って入れないのかというと、そうでもないようです。

※ここからは、あくまでも経験談であり、自己責任でお願いします。

LCCに40リットルサイズのバックパックで乗ってみた

通常、LCCでは搭乗するまでに手荷物を重さや大きさを計測されることはありません。もちろん明らかに大きければ止められるでしょうが、バックパックで止められることはないでしょう。

スーツケースと違ってバックパックは機内の荷台に押し込めば入るのでよほどの大きさでなければ大丈夫のようです。

ミレークーラ40のように数センチのオーバーであれば止められることがないはずです。

ミレークーラ40でLCCに乗った人の口コミ

実際にミレークーラ40でLCCに乗った方の口コミもご紹介します。

男性口コミ・評判

機内持ち込みリュックの中でベスト
機内持ち込みサイズのリュックを探していてこれにしました。1週間の東南アジア地域への旅行ならこれで十分です。(男性の場合ですが)これに入り切らない荷物なら中身を再考する方が良いです。そして大体7kg以内に収まります。

男性口コミ・評判

パンパンに入れても航空機機内持ち込みOKサイズ

男性口コミ・評判

LCCの飛行機はまだ 6社程度しか利用した事が無いが、H61cmでも注意を受けた事は無いので問題はないと思う

このようにLCCで実際に機内持ち込みしている方がおられます。

自己責任でお願いしますが、基本的にはLCC機内に持ち込むことはできるので、ぜひミレークーラ40で海外旅行を目一杯楽しみましょう。

  • 商品名:ミレー(Millet)クーラ40
  • 容量:40L 
  • サイズ:縦58x横30xマチ19(cm)
  • 重さ:1340g
  • 素材:コーデュラナイロン
  • カラー:オリーブ/ブラック/グレー/ベージュ
※ブラックの在庫が残り少ないので早めにチェックしたほうがいいかもしれません

ミレーのクーラ40とクーラ30を比較!

ミレーのクーラシリーズの中でも人気が高いのがクーラ30とクーラ40。

この2つを比較しましたので、クーラ30にするかクーラ40にするか迷っている方には参考になるはずです。

2つの違いを確認して、ご自身の使い方に合った方を選んでいただければと思います。

クーラ40 クーラ30
サイズ H58× W30×D19cm H51× W29×D19cm
重さ 1,220g 860g
メイン収納の分割 ×
LCC機内持ち込み
旅行 3泊~6泊 ~2泊3日
登山 山小屋泊可 日帰り
価格 16,000円(参考)

現在価格を見る

14,000円(参考)

現在価格を見る

メイン収納の2気室構造

クーラ30とクーラ40の一番大きな違いはメイン収納です。

クーラ40はクーラシリーズの中で唯一メイン収納を上下2つに分割することができます。

これにより、40リットルの大容量ですが、荷物が取り出しやすい構造になっています。

サイズと用途

40リットルと30リットルではサイズと使い方が変わってきます。

まず、クーラ40はLCC機内持ち込みの規定サイズをオーバーしています。(実際には持ち込みできる場合がほとんどですが)

また、容量が違うと使い方も変わり、クーラ30だと旅行は2泊3日程度(洗濯しない前提)が限界だと思います。

クーラ40だと3泊分ぐらいは入るので、旅行中に洗濯する環境があれば実質1週間ぐらいの旅行でも対応できることが多いでしょう。

登山においても、防寒着が一切いらない夏登山なら泊りもありですが、基本的には日帰りがメインとなります。

クーラ40とクーラ30の比較まとめ

旅行でも登山でも活動日数が増えるとどうしても大容量が必要なので、そういう方にはクーラ40をおすすめします。

大きくなっても2気室構造により使い勝手は落ちません。

ただ、40リットルはタウンユースにはちょっと大きすぎるので、国内での旅行やレジャーにはクーラ30がおすすめ。

値段はそれほど大きく変わらないので、ぜひあなたの使い方に合ったクーラを選んでいただければと思います。

  • 商品名:ミレー(Millet)クーラ40
  • 容量:40L 
  • サイズ:縦58x横30xマチ19(cm)
  • 重さ:1340g
  • 素材:コーデュラナイロン
  • カラー:オリーブ/ブラック/グレー/ベージュ
※ブラックの在庫が残り少ないので早めにチェックしたほうがいいかもしれません
  • 商品名:ミレー(Millet)クーラ30
  • 容量:30L 
  • サイズ:縦51x横29xマチ19(cm)
  • 重さ:860g
  • 素材:コーデュラナイロン
  • カラー:オリーブ/ブラック/グレー/ベージュ/ネイビー
※ブラックの在庫が残り少ないので早めにチェックしたほうがいいかもしれません

ミレー クーラ40でアウトドアも旅行も全力で楽しもう!

ミレー クーラ40は本格的な登山でも旅行でもどちらでも使いやすいオールマイティなバックパック。

これ1つあればいつでもどこにでも行けます。

今は登山用でもいつか海外旅行で活躍する日が来るかもしれません。逆に、旅行用に買ったとしても、いつか富士山に登ることがあるかもしれません。

どんな用途でも幅広く対応できるミレークーラ40でアウトドアも旅行もしっかり楽しんでみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする