雑貨倉庫TOKIAのグレゴリーは偽物?レビューを徹底検証!

グレゴリーは偽物が多いってホント?

グレゴリーはアメリカで生まれたバックパックアブランド。

若者の間でも大変人気があり、特に定番の「グレゴリー デイパック」や「グレゴリー オールデイV2」は街中で見かける機会が多くなっています。

しかし、それだけ人気があるのでグレゴリーの偽物を販売する悪徳業者が増え、たくさんの偽物が流通しているのが実態です。

ヤフー知恵袋や楽天みんなのレビューなどでも「偽物を買ってしまった」「これ本物ですか?」などグレゴリーの偽物を掴んでしまったかもしれないとのレビュー・相談がたくさんあります。

この記事では楽天市場でグレゴリーの商品を探しているときに必ず目にする「雑貨倉庫TOKIA」というネットショップについて調べました。

「雑貨倉庫TOKIA」の商品が本物なのか、偽物なのか気になる方はぜひ参考にしてみてください。

雑貨倉庫TOKIAってどんなショップ?

雑貨倉庫TOKIAは楽天やAmazonに出店している有名なネットショップです。主な取扱い商品はバッグ、シューズ、帽子、サングラス、財布など。

雑貨倉庫TOKIAは姉妹店の「時計倉庫TOKIA」なども合わせると全国に13店の実店舗があります。

運営会社はエスピービー株式会社

雑貨倉庫TOKIAを運営しているのは愛知県名古屋市にある「エスピービー株式会社」です。

【会社情報】

  • 設立:2000年
  • 社員:117人
  • 資本金:1千万円
  • 売上高:平成31年3月期 38億4,479万
  • 関連会社:ブレインプロダクツ株式会社
  • 事業内容:カジュアル腕時計・時計関連商品・ブランド雑貨の輸出入・卸売、実店舗【時計倉庫TOKIA、WANS、Spot Write、PRATH】の運営、WEB SHOP【雑貨倉庫TOKIA、時計倉庫TOKIA】の運営、オリジナルウォッチ・OEM生産など

かなり規模大きくて歴史のある会社ですね。

実店舗があって逃げも隠れもできないのに偽物・模倣品を扱っているとは思えません。これだけで信頼できるショップだということがわかります。

日本流通自主管理協会(AACD)加盟店

雑貨倉庫TOKIAは日本流通自主管理協会(AACD)加盟店です。

「AACD(日本流通自主管理協会)」とは並行輸入品の偽物・模倣品等の排除を目的に設立された民間団体のこと。

※並行輸入品とは正規代理店ルートとは別のルートで真正品を輸入すること。
出典:日本流通自主管理協会

このAACDの加盟店であることは、偽物を扱わず、徹底した商品管理を行っていることの証。

つまり、雑貨倉庫TOKIAは本物の商品だけを扱う信頼できるネットショップだということです。

特定商取引法に基づく表記

  • 会社名 エスピービー株式会社
  • 店舗運営責任者名 前田 伸一(雑貨事業部)
  • 店舗セキュリティ責任者 戸谷 駿介
  • 住所 愛知県名古屋市中区栄3丁目18番1号 ナディアパーク14階
  • 電話番号 052-307-6880
  • E-mail hypermarket@shop.rakuten.co.jp

雑貨倉庫TOKIAが安い理由とは?偽物なの?

雑貨倉庫TOKIAの商品が偽物かと疑われてしまう理由はその「安さ」です。

同じ商品なのにブランド公式サイトの値段と比べると雑貨倉庫TOKIAの方が圧倒的に安いことがあります。

でも、偽物だから安いのではありません。

安さの理由は「並行輸入品」だからです。

並行輸入品とは?

ネットショッピングをしているとたまに見かける「並行輸入品」ですが、正しい意味を知っているでしょうか?

雑貨倉庫TOKIAの安さの理由である「並行輸入品」とは一体何なのか、「AACD(日本流通自主管理協会)」の解説を見てみましょう。

正規代理店ルートとは別のルートで真正品を輸入することです。
海外の有名ブランド品等を、正規代理店以外の第三者が、外国で合法的に製造・販売された商品を外国で購入し、日本の総代理店契約者等の許諾を得ずに、正規代理店ルート以外のルートで輸入する行為を指します。

出典:AACD(日本流通自主管理協会)

つまり、雑貨倉庫TOKIAは正規店以外のルートで商品を仕入れて、安価で販売しているのです。これはもちろん違法でもなんでもありません。単に流通経路が異なるだけで扱っている商品は全く同じ。

並行輸入品はなぜ安い?

なんとなく海外ブランドから直接商品を仕入れている正規ルートの方が価格を抑えやすそうですが、実は全く逆です。

ブランドイメージの悪化や値崩れを防ぐために、正規ルートの商品は値下げができないことが多いのです。

反対に並行輸入品は海外ブランドと直接契約していないので、いくらでも値下げができます。

日本では高価なブランドでも、海外では案外安く売られているものが多く、それらを輸入すれば、日本でも安く販売できるというわけです。

本物を安く購入できるのが並行輸入品の最大のメリット。

雑貨倉庫TOKIAのように信頼できるショップであれば、安価な並行輸入品を選ぶことでかなりお得な買い物ができます。

雑貨倉庫TOKIAのグレゴリー人気ランキング

雑貨倉庫TOKIAは本物のグレゴリーが買えるということで、レビュー件数が非常に多いのが特徴です。

雑貨倉庫TOKIAのグレゴリーの中でも特にレビューが多い人気商品をランキング形式でご紹介。

どれも他のショップよりも安く、間違いなく本物が買えるので気になる方は雑貨倉庫TOKIAで探してみましょう。

雑貨倉庫TOKIAのグレゴリーは並行輸入品なので、為替相場次第で価格が変動することがあります。

また、在庫の量も不安定になることもあるようです。

一部のカラーでは欠品も出ているようなので、より安く、グレゴリーを手に入れたい方は早めに販売ページを確認したほうがいいかもしれません。

1位:GREGORY グレゴリー ALL DAY V2 オールデイ

グレゴリーのオールデイV2はタウンユースはもちろんトレイルにも使える本格的なバックパックです。耐久性・クッション性の高いショルダーハーネスにより長時間背負っていても疲れにくいのが特徴。PCスリーブやフロントジッパーポケットなど荷物を整理しやすいのも嬉しいですね。

  • 容量:24L
  • 重量:825g
  • サイズ: 27W×47.5H×17Dcm
  • 素材:ナイロン
  • 公式サイト価格:19,800円(税込み)

2位:GREGORY グレゴリー DAY PACK デイパック

グレゴリーのデイパックは定番の人気商品。カラーバリエーションが多く、男女どちらでも使いこなせるバックパックです。斜めに切られたフロントポケットのデザインが特徴的。26Lの大容量なので荷物の多い方にもピッタリですね。

  • 容量:26L
  • 重量:645g
  • サイズ:40W×45.5H×16.5Dcm
  • 素材:ナイロン
  • 公式サイト価格:22,000円(税込み)

3位:GREGORY グレゴリー FINE DAY ファインデイ

グレゴリーのファインデイはコンパクトなバックパックなので女性人気が高いのが特徴。デイパックを小さくしたような設計なので、シンプルで使いやすいです。16Lサイズなので大きな荷物は入りませんが、ちょっとした外出にはちょうどいいサイズですね。

  • 容量:16L
  • 重量:505g
  • サイズ: 234Wx43Hx13Dcm
  • 素材:ナイロン
  • 公式サイト価格:10,450円(税込み)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク